マンションの「一括査定サービス」の注意点について

マンションの「一括査定サービス」の注意点について売却方法

マンションを売却する際に、
複数の不動産会社に一括で査定を依頼
する
「一括査定」
というサービスがあります。

これは、
そのマンションがいくらくらいで売れそうか
を各社が査定するというものです。

便利なサービスなのですが、利用される際は、
・注意点

・マンション査定の意味合い
について、把握しておいた上で利用されることをお勧めします。

注意点について

利用にあたっての注意する点としては、
査定を依頼した不動産会社からの営業がある
ということです。

ここでいう「営業」とは、
専任媒介契約を取り交わす為の営業
という意味です。

=補足説明=

不動産を売却する際は、
売主側につく不動産会社と媒介契約(仲介の契約)
を取り交わします。
その会社が、販売資料を作成したり、物件をネットに掲載したりして、売却物件を販売する為の活動を行うわけです。

また、実際の売買の際は、
その会社が買主を見つけてくる場合

他の不動産会社(買主側の不動産会社)が買主を見つけてくる場合
があります。

いずれの場合も、売主側の不動産会社は、売主側から仲介手数料をもらう形になります。
仲介手数料は、売買契約に至った際に発生します。
(それまでは、特に特に費用は発生しません。)

ですので、査定の依頼があった不動産会社からは、
「自社だけが、その物件の仲介をしたい」
と考え、専任での媒介契約を取り交わす為の営業を行ってきます。

あまりにたくさんの会社に査定依頼をだすと、
それだけたくさんの不動産会社からの営業がある
ということになります。

しつこい営業があると面倒な面もありますので、査定サービスを利用する際は、ある程度、絞って利用されることをお勧めします。

・マンション査定の意味合いについて

マンション査定では、
そのマンションがどれくらいの価格で売れそうか

その根拠
が記載されています。

ここで問題となるのが、
「記載の価格で本当に売れるのか?」
ということです。

気を付けないといけないのは、不動産会社によっては、上記の
専任での媒介契約
を取りたいがために、
実際に売買さてている価格帯(相場)よりかなり高い価格での査定をだしてくるところがある
ということです。

売主としては、なるべく高く売りたいので、
高い査定をだしてくる先に頼みたい
という心理がありますが、冷静になって考える必要があります。

買主側の視点で考えてみましょう。
なにかよほどの理由がない限りは、相場より高い物件は、購入を控えるでしょう。
もしくは、物件を気に入ったとしても、値引き交渉をしてくる可能性が高いです。

「査定額=実際に売れる価格」ではない、
ということです。

ですので、査定額が高くても、その根拠が明確でない場合は、注意が必要です。

また、逆に、あまりに低い査定額の場合は、
安い価格でで設定して、早く売買したい
という意図がある場合もあります。

では、査定額の目安は何で確認すればよいのでしょうか。

それは、ふつうに、同じマンションが、
現在、あるいは過去にどれくらいの価格で売りに出されていたか
を見れば、おおよその相場がわかります。

もちろん、売買相場には、価格の幅はあります。
また、階数や、広さなどで、価格も変わってきますが、最近は、ネットで売買相場の情報もとれるようになりましたので、便利です。

但し、販売価格と実際の取引価格が異なる場合があります。
買主が値引き交渉をした場合です。
その場合、物件によっては、レインズという不動産会社のデータベース上に掲載があります。
一般の人は閲覧できませんので、不動産会社の担当に相談してみても良いでしょう。

(参考)マンションの相場情報を見るには、下記のサイトがあります。

マンションレビュー
https://www.mansion-review.jp/

以上、「マンションの一括査定サービスの注意点」についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました