マンション売却 オープンルーム(オープンハウス)について

マンション売却 オープンルーム(オープンハウス))について売却方法

中古マンションを売却する際に、
オープンルーム(オープンハウス)
を行う場合があります。

オープンルーム(オープンハウス)とは

オープンルーム(オープンハウス)とは、
日程、時間帯を決めて、その物件に興味のある内見希望者が、室内を自由に見ることができる販売方法
です。
もちろん、その期間中、不動産会社の担当者が室内に待機しています。

中古戸建ての場合はオープンハウスを言う言い方をしますが、マンションの場合は、オープンハウスの他、オープンルームとも言います。

事前にチラシをまいたり、折り込み広告を入れたり、期間中は看板を出したりして、集客をします。
通常、内見の際は、事前に予約しますが、オープンルームの場合は、予約なしで物件を見に行くことができますので、見に行く側としても気軽に内見できます。

また、週末、土日に実施することが多いです。

オープンルーム(オープンハウス)の効果性

オープンルームを実施することで、
マンションを見に来る人が増える
ことが期待できます。

マンションの売却の際は、仲介を依頼した不動産会社がホームページなどで物件の情報をあげてはいますが、問合せ反響が少ないケースもあります。
もちろん、売却価格の設定を、相場より高くしている場合は、問合せも少なくなる可能性もでてきます。

そういった場合でも、
オープンルームで実際の物件をみてもらう
人数が増えれば、物件の良さを感じてもらって、申し込みにつながる可能性が増えます。

また、オープンルームを実施すると、結構、
同じマンションの住人
が見に来られます。
もちろん、興味本位という部分もありますが、意外に、そこから契約につながる場合もあります。
例えば、
親御さんに同じマンションに住むように勧められるような場合
や、
マンションを探しているお友達に知らせてくれるような場合
です。
ですので、本人が購入しなくても、上記のような可能性も期待できます。

 

オープンルーム(オープンハウス)の注意点

引越し後の実施が望ましい

居住中の状態でオープンルームを実施することも可能ではありますが、やはり、お引越し後の空室の状態で実施することをお勧めします。

理由は、
プライバシー

セキュリティー
に関する観点からです。

■プライバシー

上記にも記載しましたが、オープンルームを実施すると、同じマンションの住人も含めて、不特定多数の人が見に来られることを想定しなければなりません。
例えば、居住中の状態を、同じマンションの住人が見られて、部屋の状態が近所の噂話になる可能性もあります。
そういった面で、プライバシーの問題がでてきます。

■セキュリティー

また、室内に貴重がものもありますので、内見中の目の行き届かない時の盗難などのリスクもあります。
通常の内見の際は、不動産会社が名前や連絡先を確認しますが、オープンルームの際は、そういった確認が不十分になる可能性もある為、セキュリティー上の問題は発生します。

不動産会社がオープンルームに対応してくれるかどうか

オープンルームを実施する際は、当日、物件に人を配置する必要がありま、事前に、集客の為にチラシをまいたりする場合もあります。
仲介を依頼する不動産会社が、そういった対応に積極的かどうかにもよります。

仲介を依頼する際に、オープンルームの対応についての確認をとっておくと良いでしょう。

マンションの管理組合の届け出などについて

オープンルームの実施に関しては、マンションの管理組合にも事前に確認しておく必要があります。
不特定多数の人が、マンションの敷地内に入ってきますので、管理組合によっては、何かしら規制を設けている可能性もあります。

また、オープンルーム期間中は、エントランス付近に、看板やのぼりなどを設置する必要があります。
また、マンション住民に向けての告知も含めて、許可してもらえるかも重要なポイントになります。

 

補足

空室の状態でのオープンルームの実施の際は、予算の関係もありますが、
ホームステージング
といって、室内をデコレーションしておくと効果的です。

少なくとも、百均で売っているような、造花と花瓶や、ちょっとしたアイテムを置いて、お部屋の雰囲気を良くしておくと印象も良くなります。

以上、「マンション売却 オープンルーム(オープンハウス))について」の説明でした。

タイトルとURLをコピーしました