マンションの周辺環境は、何を見ればいいですか?

マンションの周辺環境 マンション選びQ&A
質問

マンションの周辺環境は、何を見ればいいですか?

回答

嫌悪施設があるかそうかをチェックしましょう。

マンション選びの際は、そのマンション自体の状況も大切ですが
周辺の環境
も重要です。

なぜなら、周辺の環境のよって、快適に生活できるかどうかに大きな影響を受けるからです。

チェックポイントとしては、いくつかありますが、少なくとも、
リスクとなりそうな点がないかどうか
は確認しておきましょう。

具体的には、
いわゆる嫌悪施設と呼ばれるものがないかどうか
などです。

マンション選びにおける嫌悪施設とは

嫌悪施設とは、一般的に、
その施設の必要性はあるが、できれば、自分の家の近くには無いほうが良い
と言われるものです。

英語では、
NIMBY(ニンビー);“Not In My Back Yard”
と呼ばれ、
「施設の必要性は認めるが、自らの居住地域には建てないでくれ」
という意味合いになります。

具体的なリスクとその可能性のある施設としては、下記になります。

騒音や振動の発生
→高速道路等の主要道路、飛行場、鉄道、地下軌道、航空基地、大型車両出入りの物流施設 等
煤煙や臭気(悪臭)の発生
→工場、下水道処理場、ごみ焼却場、養豚・養鶏場、火葬場 等
危険を感じさせる
→ガスタンク、ガソリンスタンド、高圧線鉄塔、危険物取扱工場、危険物貯蔵施設、暴力団組事務所 等
心理的に忌避される
→墓地、刑務所、風俗店、葬儀場 等

重要事項説明における「嫌悪施設」の調査範囲(不動産流通推進センター)

引用; 重要事項説明における「嫌悪施設」の調査範囲(不動産流通推進センター)

このような施設が近隣にあると、マンションを購入した後に、快適な生活の阻害要因となるリスクがあり、また、物件の資産価値としても、マイナス要因となる可能性がでてきます。

以上、マンションの周辺環境についてでした。

タイトルとURLをコピーしました