マンションの過去の販売価格(販売履歴)を知るには、、

マンション購入ガイド

検討しているマンションの、
 過去の取引の価格(履歴)
を知りたい。

こんなテーマに関する記事です。

この記事の内容

マンションを購入にする際に、そのマンションの価格が、ある程度、適正かを知っておくことが、重要なポイントになります。
ネット上でも、ある程度、マンションの過去の販売価格の数値を知ることができます。

マンション購入ガイド

こんなテーマに関する記事です。

マンションを購入を検討する際には、現在、販売されている物件の価格とあわせて
 過去、どれくらいの価格で販売されていたのか?
その、履歴も確認しておくと良いでしょう。

もちろん、それらの価格には、幅がありますが、その数値を把握しておくことで、
 おおよその相場
を確認することができます。

そうすることで、具体的に検討しているマンションに関して、
 販売価格が高すぎないかの判断
ができたり、あるいは、
 価格の相談をする際の目安
となります。

また、過去の取引履歴にある物件の価格に関しては、当然、
 ・そのマンションの階数
 ・リフォームの有無
 ・角部屋かどうか
 ・間取り
などによって、価格の幅がありますので、それらを考慮しての判断にはなります。

目次

過去の取引履歴が確認できるサイト

マンション購入ガイド

具体的な取引価格データは、下記サイトで確認できます。
また、これらの数値は、販売時の価格になり、実際の取引で値引きなどがあった場合の数値(成約価格)は、反映されていません。

マンションレビュー

かなり、細かく数値が記載されており、たいへん参考になります。
閲覧には会員登録が必要ですが、登録自体は、無料です。

画像引用;マンションレビュー

マンションマーケット

マンションレビューに比べると、営業色の強いサイトにはなります。
下記のような履歴画面になります。
こちらも、閲覧には、無料の会員登録が必要になります。

画像引用;マンションマーケット

【参考】不動産取引価格情報検索

国土交通省のサイトです。
こちらは、具体的なマンションのデータではなく、あくまで、
 周辺の相場データのみ
になります。
エリア名と築年数などで推測しての判断になります。

https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet

【補足】レインズについて

マンション購入ガイド

レインズとは、
 不動産会社間のデータベース
です。
不動産会社のみが閲覧できる、業者向けのサイトですので、一般の人は、閲覧できません。

不動産会社は、取引が成約した物件の成約価格も入力しますので、
 例えば、販売価格から値引きがあった場合
に、その実際に取引された価格を入力します。

しかしながら、成約された物件の情報を入力していない不動産会社もありますので、すべての物件が網羅されているという訳ではありません。

そうはいっても、参考にはなりますので、数値をお知りになりたい際は、マンションの購入を相談されている不動産会社に聞いてみられても良いでしょう。

まとめ

マンション購入ガイド

マンションの過去の販売価格の履歴に関しては、上記のサイト以外でも、確認できるものもあります。

少なくとも、それらのデータを把握することで、状況によっては、
 値引き交渉
の材料となる場合もあります。

※但し、値引き交渉される場合は、売買契約書の取り交しまでの間に、
  値引き無しの申し込み
 があった場合に、そちらが優先になる場合もありますので、注意しましょう。

また、過去の販売履歴を確認する際には、マンションの場合、
 平米単価に換算
して比較するようにしましょう。

マンションの場合、同じ間取りでも、広さ(専有面積)が異なる場合も多々ありますので、実質の数値として
 平米単価をチェック
して、その数値を、検討している物件の平米数で掛けて算出します。

販売価格は、最終的に、売主さんの意向で決まりますので、販売価格が、
 相場の数値から乖離している物件
も存在します。
そういった場合も、過去の数値と比較して、客観的に判断するようにしていきましょう。

以上、「マンションの過去の取引事例(成約事例)を知るには、、」についての説明でした。

マンション購入ガイド

(この記事について)
この記事は、不動産会社である「株式会社クラスイエ」[宅建業 千葉県知事(1)第17909号]が、不動産売買の実務経験を基に記載しています。

[スポンサー]

電子書籍のご案内▼

電子書籍の案内

電子書籍;「こんなマンションは買ってはいけない!? そのポイントをざっくりと説明」

【本書の内容】
マンションの購入は、高額な買い物になる為、十分に検討して判断することが重要になります。
特に、その物件の「マイナス要因」となる部分には、注意が必要です。マイナス面も十分に認識した上で判断しないと、例えば、「実際に住んでから気が付いた」となってしまうリスクがあります。本書では、そのようなリスクを回避する為のポイントをわかりやすく説明しています。


こんなマンションは買ってはいけない!?(Amazon kindle版)

マンション購入のご相談

マンション購入時のご相談

ココナラというサイト経由で、ご相談に対応しています(ひとつのテーマで3,000円)。


マンション購入相談▼

マンション購入相談

本サイトの運営

本サイトは、株式会社クラスイエが、運営しています。

お電話でのお問合せ

TEL;0476-77-9243
9:30~18:00(定休日;水曜、祝日、年末年始)

メールでのお問合せ
マンション購入ガイド
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

[スポンサー]

目次