売買契約 | ★マンション購入ガイド★

売買契約

マンション購入

不動産の売買の「IT重説」とは?!、2021年4月から運用となっています。

「IT重説」というワードがあります。あまり一般的な言葉ではありませんが、不動産取引の際には、今後、聞くことがあるかもしれません。 「IT重説」とは、オンライン会議等のITツールを使って、遠隔地にいる相手方と映像を通して行う重要事項説明のことです。 従来は、不動産売買の重要事項説明は、宅...
マンション購入

売買契約の時に、キャンセルできるのか?

マンションの購入がきまって、売買契約の取り交わしの日と迎えたとします。 売主と買主が、不動産会社に集まって、担当者が、重要事項説明書と売買契約の内容の説明をして、その後に、書面への署名、捺印をする流れになります。 その時点で、売買契約をキャンセルすることができるのでしょうか? 結...
マンション購入

マンション購入時の売買契約の2つのパターン

マンションを購入する際に取り交わす、売買契約の進め方について、2つのパターンがあります。 少し、細かいお話しになりますが、事前に認識しておかれると良い場合もありますので、下記に説明いたします。 基本パターン;売主、買主が同席して、売買契約を取り交わす ほとんどの場合が、売主、買主...
マンション購入

マンション契約の注意点 2つのポイント

マンション購入の検討する中で、条件に合うマンションが見つかった後のステップとしては、 ■「申込書(買付書)の提出」  ↓■「住宅ローンの事前審査」  ↓■「売買契約書の取り交わし」 になります。 このうち、売買契約書は、いわゆる「契約ごと」になりますので、記載されている内容と...
マンション購入

「契約不適合責任の免責」とは?!、わかりやすく説明

契約不適合責任というワードを聞かれたことはありますでしょうか?。あまり聞きなれない言葉だと思いますが、不動産の取引では、重要なワードとなります。 これは、2020年4月1日に改正民法があり、そのことに関係して、不動産を取引する上でも重要な事項となっています。この改正は、120年ぶりの大改正と...
マンション購入

マンションの眺望に関する判例 2つのケース

マンションを購入する際に、眺望は大きな要素を占めています。 しかしながら、マンションを購入した後に眺望を遮るような建物が建った場合には、日々の居住性はもちろんのこと、そのマンションの資産価値にも影響してきます。 実際、マンションを購入後、眺望を遮るような建物が建ったことにより、裁判にな...
マンション購入

マンション購入の際の司法書士さんは、買主が指定できるのか

マンションを購入する際の登記について、通常は、不動産会社のつきあいのある司法書士さんが担当します。 例えば、買主さん側で知り合いの司法書士さんがいる場合、買主側が司法書士さんを指定することはできるのか?ということですが、結論から言うと、特に司法書士さんの指定についての決まりは無いので、不動産...
マンション購入

マンション購入時に司法書士さんへお支払いする費用

マンションを購入する際に経費のひとつに司法書士さんへお支払いする費用があります。 これは、マンションを購入した際に、その物件の登記を行う必要があり、その費用になります。 その内容と補足情報について下記に説明していきます。 司法書士さんにお支払いする費用の内訳 不動産を購入す...
タイトルとURLをコピーしました