物件概要の見方

物件概要の見方物件概要の見方
物件概要の見方

旧耐震の中古マンションの注意点

建物を建築する際には、行政で、建築確認を取得する必要があります。建築確認は、建築基準法に基づいて判断されます。 その建築確認の基準に関して、地震に対応した構造かどうかをチェックする為の、「耐震基準」というものがあります。その耐震基準が、1981年(昭和56年)に改正されています。 です...
物件概要の見方

マンションの情報サイトは、どこがいいのか?

マンション購入の際には、主に、大手の情報サイトから情報を収集することになるでしょう。 大手の不動産ポータルサイトとしては、アットホームスーモホームズの3社になります。これらのサイトは、あくまで不動産会社からの情報を掲載していだけのサイトになります。問合せの対応や仲介業務自体は、掲載している不...
物件概要の見方

中古マンションの価格の根拠?!

中古マンションの価格は、どのように決められているのか、気になるところです。具体的には、2つのパターンがあります。 パターン1売却の仲介をする不動産会社が設定価格を提案(査定)して、売主がその価格に同意して販売価格を決める パターン2売却の仲介をする不動産会社の提案(査定)に関係なく、売...
物件概要の見方

マンションの物件概要の箇所にある「取引態様」について(仲介か売主か)

マンションの物件情報を見るときに、扱っている不動産会社の情報欄に取引態様という記載があります。 これは、不動産会社がどのようなポジションでその物件を扱っているかを示しています。 取引態様の種類をとしては、仲介(媒介)か売主になります。 また、仲介(媒介)の種類には、売主側の仲介と...
物件概要の見方

不動産会社のチェック方法、「免許番号」とは?(マンション購入の注意点)

マンション購入の検討を進めていく中で、どの不動産会社と相談するかについては、悩ましいところです。 どの不動産会社が良いかどうかの判断するのは、難しい部分がありますが、その不動産会社がどれくらい前から営業しているかは、免許番号で確認することができます。 アットホームやスーモなどの場合、マ...
物件概要の見方

中古マンションの購入で、取引形態が売主の場合(マンション購入の注意点)

中古マンションの物件の中に、売主が宅建業者のケースがあります。 通常は、売主が個人の場合が多いのです。その場合は、宅建業者は仲介という位置づけになり、販売資料には、「専任媒介」や「一般媒介」という記載になります。 そうではなく、販売資料に「売主」との記載がある場合は、宅建業者自身が売主...
物件概要の見方

マンションの築年数の見方について

マンション購入を検討される中で、その物件の販売資料の、築年数をチェックされることと思います。 もちろん、築年が比較的新しい「築浅」の物件が良いのですが、価格と予算の関係もありますので、双方を鑑みての検討になります。その際に、築年数が古い物件の場合、気を付けるポイントがありますので、下記に順に...
物件概要の見方

マンションの選び方「駅までの距離」の見方について

マンションの販売資料に記載の徒歩〇分の記載があります。実際、歩いてみると、記載の分数より時間がかかったといったケースもあります。 「駅までの距離」の見方について、下記に説明していきます。 1分何mなのか 1分間に80mで計算されてます。これは、大人が歩く平均的な距離を80mとして...
タイトルとURLをコピーしました