【マンション購入】注意すべき「申込金、申込証拠金」!

マンションの申込金、申込証拠金についてマンション購入

マンションを買われる際に、条件の物件が見つかったら、申込書、あるいは、買付書と呼ばれる書面で、申し込みします。
その際に、不動産会社の担当者から、
・申込金
あるいは、
・申込金証拠金
を要求される場合があるかもしれません。

新築の物件と中古の物件で捉え方が異なりますので、順に説明していきます。

新築マンションにおける「申込金(申込証拠金)」

新築物件に関しては、物件の申し込み時に、
「申込金(申込証拠金)」
を求められる場合があります。

これは、買主の「申し込み意思」を確認する意味合いもあり、通常、
5万~10万円程度
を「申込金(申込証拠金)」とする場合が多く見受けられます。

この「申込金(申込証拠金)」は、購入希望者の順位確保という名目になる場合もあり、手付金や物件の購入代金の一部に充当されます。

ここで注意しておかなければならないのは、
キャンセルした際の「申込金(申込証拠金)」の扱い
です。

通常、「申込書」とあわせて「申込金(申込証拠金)」を支払うこととなりますが、「申込書」は、正式な契約書ではありません。

正式な契約書ではない「申込書」とあわせて支払う「申込金(申込証拠金)」は、その捉え方が非常に曖昧なものになります。

申し込みの後に、何らかの事情でキャンセルした場合の
「申込金(申込証拠金)」
返還されますが、業者によっては、その返還についてトラブルになるケースがあります。

ですので、
「申込金(申込証拠金)」
を支払う際に、
・業者から「申込金(申込証拠金)」の預かり証をもらう
・万が一、キャンセルになった場合、「申込金(申込証拠金)」が返還されるかの確認する
・キャンセル時の「申込金(申込証拠金)」の返還の旨を文書あるいは、預かり証に記載してもらう
ということをしましょう。

中古マンションにおける「申込金(申込証拠金)」

中古マンションにおいて、申込する際に、
「申込金(申込証拠金)」
を要求する不動産会社は、取引を避けたほうが良いでしょう。

一般的に、申し込みの段階で、金銭を要求することはありません。

通常は、「買付証明書」とよばれる書面で、
・購入希望価格
・代金の支払い条件
・引き渡し希望日など
の基本的な購入条件を記載して、署名・捺印したものを、不動産会社経由で、物件の売主さんに渡し、条件面での調整をします。
書面での提示のみになります。また、申込書自体には、法的な拘束力はありません。

また、申し込みの時点では、購入希望価格を含めた、買主の条件が通るかどうかが未確定な状態となります。
ですので、買主側の条件が通るかどうかわからない段階で、お金を支払う理由は無いと言えます。

更に、売主と専属専任の売買契約を取り交わしている不動産会社以外の場合は、他の不動産会社や売主さんが買主を見つけてくる可能性もあります。
ですので、この場合、新築マンションのように、「購入希望者の順位確保」という名目も成り立たちません。

上記の理由により、中古マンションで、「申込金(申込証拠金)」を要求するような行為は不自然であると言えますので、注意が必要です。

手付金について

マンション購入の手続きが、
売買契約書の取り交わし
まで進んだ際には、手付金が必要となります。
これは、申込金とは異なり、売買契約書の中に、
手付金の項目も明文化
されています。
手付金は、物件価格の一部となります。

物件の引き渡し、決済の際には、
物件価格から手付金を差し引いた残金
を買主さんから売主さんに支払う流れになります。

以上、「マンションの申込金、申込証拠金について(中古マンションの買い方)」の説明でした。

タイトルとURLをコピーしました