マンション管理組合の理事はどれくらいの頻度でまわってくるのか?

マンション管理組合の理事はどれくらいの頻度でまわってくるのか?マンション購入

マンションを購入した後、そのマンションの管理組合の組合員となります。
管理組合には、
理事会
があり、その理事会のメンバーも組合員によって構成されています。

ですので、組合員は、
一定の頻度で理事会の役
が回ってきます。

但し、マンションによっては、理事会メンバーを、
立候補制
にしている場合もあり、その場合は、しくみが異なります。

下記に詳しくみていきます。

輪番制と立候補制

住民(組合員)に順番に理事会メンバーの順番が回ってくるのが
輪番制
になります。

また、その他に、
立候補制
があります。

概ね、7割以上のマンションが輪番制となっています。
それぞれメリット、デメリットがありますが、輪番制のほうが、公平性が高いと言えます。
立候補制の場合は、順番が回ってこない可能性が高くなる反面、理時間の運営が一部の人に偏ってしまう可能性が考えられます。
住民の参画意識を高める意味でも、面倒でも、輪番制が良いと言えます。

【参考】国土交通省 「マンション総合調査

順番が回ってくる頻度について

輪番制の場合、
住戸数

理事メンバーの人員数
によってきまります。

マンションの管理組合は、
区分所有法
という法律でその内容が定められています。

理事の数については、
・おおむね10~15戸に1名選出するものとする。
・員数の範囲は、最低3名程度とし、○~○名という枠により定めることも出来る。

となっています。

ですので、仮に150戸のマンションで、理事会メンバーの数が10人とすれば、
概ね、10年に1回
の頻度で順番が回ってくることになります。

※また、輪番制の場合のメンバーの決め方でよくあるパターンとしては、
各階の縦の列の住戸でグループをつくって、そのメンバーで順番に選出していく
という方法です。

理事会メンバーの任期は?

通常は、1~2年の場合は多いです。
任期終了の際には、
・総入れ替えのパターン
と、
・任期期間のタイミングをずらして、メンバーの半分ずつが入れ替わるパターン
があります。(例えば、任期を2年として1年毎に半数だけを入れ替える方法)

後者のほうが、業務の引き継ぎがスムーズですので、合理的と言えます。

理事会の役職

理事会内の役職としては、
・理事長 1名
・副理事長 〇名
・会計担当理事 〇名
・理事(理事長、副理事長、会計担当理事を含む。) 〇名
・監事 〇名

となります。
理事長は、理事会の代表として1名ですが、他の役職は、人数を指定できます。

理事会の頻度

理事会が開催される頻度としては、マンションによって異なりますが、
国土交通省の平成30年度マンション総合調査によると、

毎月;36.5%
2ヵ月に1回;25.4%
3ヵ月に1回;24.3%

となっています。

逆に、理事会の頻度が少ない管理組合は、マンションの運営管理上、問題に対処するスピードが遅くなり、好ましくないと言えます。

また理事会とは別に、総会(通常総会)があります。
これは、通常、年1回です。
この場で、理事の選出が議題として上程され、議決の上、選任されます。

以上、「マンション管理組合の理事の頻度」について、補足情報とあわせての説明でした。
理事会の仕事は、面倒な部分もありますが、住環境の改善に直結する部分でもありますので、積極的にかかわるほうが良いと思います。

※ちなみに、マンション管理系のブログを書いている人の中には、マンションの理事会メンバーになったのときっかけに、マンション管理のアドバイスを仕事にされた方もおられました。

タイトルとURLをコピーしました