マンション内見時にエレベーターもチェックしておきましょう!

マンション内見時にエレベーターもチェックしておきましょうマンション購入

マンションの生活では、日常、エレベーターを利用します。
ですので、マンション選びの際にも、
エレベーター
についても、関心をもってチェックしておくと良いと言えます。

マンション選びの際の、
エレベーターに関するチェックポイント
としては、概ね、下記になります。

・エレベーターの数が、マンションの住戸数に対して適切か
・エレベーター内のセキュリティー(監視カメラなど)
・エレベーターに担架やストレッチャーが置ける構造になっているか
・車椅子での利用もできるようにスペースがとられているか
・エレベーターの場所が、内見する部屋から遠すぎないか
・逆に、エレベーターに近すぎないか(エレベーターの動作音の騒音の可能性)

下記に順に説明していきます。

・エレベーターの数が、マンションの住戸数に対して適切か

住戸数に対してエレベーターの数が少ないと、朝の混む時間帯に、エレベーター前で待つ時間が長くなってしまいます。
毎日のことなので、ストレスもたまってくる可能性があります。
ですので、住戸数に対して、ある程度のエレベーターの数が必要です。

一般的には、概ね、50世帯に1台と言われています。
住戸数が80あれば、エレベーターは少なくとも2台は必要ということになります。

逆に、エレベーターが多く設置されていると便利ではあるのですが、メンテナンス費用と、エレベーターの電気代の関係で管理費の負担が高くなってしまうとうデメリットが発生します。

・エレベーター内のセキュリティー(監視カメラなど)

マンションの防犯面も重要なチェックポイントです。
エレベーター内にも監視カメラが設置されていると安心です。

また、エレベーター扉にガラス窓があると、エレベーターに出入りする際に、様子がわかって安心です。

・エレベーターに担架やストレッチャーが置ける構造になっているか

エレベーターの奥の下部に、開け閉めできる観音開きの扉がついているかも確認しましょう。
これは、エレベーターで担架などを載せる時に、その扉を開けて、奥を広くできるようになっています。

万が一の時に、エレベーターがそういった構造になっているかどうかで、安心感がかわっていきます。

・車椅子での利用もできるようにスペースがとられているか

いわゆるバリアフリーになっているかどうかもチェックしておきましょう。

エレベーターの幅としては、車椅子が通れるサイズが、900mmが目安になっています。
また、エレベーター前のエレベーターホール(昇降ロビー)の広さは、車椅子の向きを変えるのに支障がないよとされる150cm×150cm以上の水平なスペースが必要とされます。

また、車椅子でエレベーターを利用する際に、エレベーターのボタンが、車椅子に乗っていても押しやすい位置にあるかどうかもチェックしておきましょう。

・エレベーターの場所が、内見する部屋から遠すぎないか

エレベーターから住戸までの距離が遠すぎると、重たい荷物を持ち運びする際に、大変になります。
一般的には、エレベーターから住戸までの距離が、50m以内にあると良いとされています。

・逆に、エレベーターに近すぎないか(エレベーターの動作音の騒音の可能性)

エレベータから住戸までが近いと便利ではあるのですが、あまり近すぎると、
エレベーターの動作音(機械音)
も問題もでてきます。
特に、深夜の時間帯などに、気になるリスクもあります。

また、エレベーターの正面に玄関がある場合、人の話し声が気になる場合があります。
また、玄関ドアを開けた際に、エレベーターホールで待っている人との目線が合ったり、部屋の中が見えてしまうといったプライバシーの問題もでてきます。

=補足01=


稀に、各階でエレベーターが止まらないマンションがあります。

例えば、奇数の階にしか止まらないようなマンションです。構造的にそうなっていて、エレベーターの止まる階のみエレベーター扉がある構造です。

偶数階の住人は、一つ階を降りるか、上がるかしてエレベーターを利用することになります。
最初、この構造のマンションを見た時は、びっくりしたのですが、このようなマンションは実在します。

いわゆる「スキップフロア型」と呼ばれています。

不便ではあるのですが、この構造の場合、エレベータが止まらない階は、共用廊下を設けずに上下からの階段だけの構造のケースもあり、結果、その階の各住戸が、両面バルコニーの構造が可能になります。
風通しも良くなり、メリットもある訳です。

いわゆる「スキップフロア型」と呼ばれています。

=補足02=


団地の場合は、ほとんどの物件が階段のみになります。
5階建てで階段なしという物件もあります。

お客様からお聞きした話しでは、
「出掛ける際に、忘れ物をとりに戻るときに、かなりツライ」
とのことでした。

団地の場合、4階とか5階の物件は、眺望は良いのですが、なかなか売却しづらいのが現状です。

以上、「マンション内見時のエレベーターのチェック」についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました