フランチャイズの不動産会社ってどう?!

フランチャイズの不動産会社マンション購入

不動産会社の中には、
フランチャイズに加盟している不動産会社
もあります。

売買物件の仲介で、ある程度、名前のとおっているフランチャイズとしては、
・センチュリー21
・ハウスドゥー
・ピタットハウス
・イーアールエージャパン
・イエステーション

などあります。

※この他に、賃貸物件メインのフランチャイズとして、
・エイブル
・アパマンショップ
などがあります。
(ここでは、売買物件の仲介をメインにしている不動産会社のフランチャイズについて説明します。)

それらのブランドの知名度があるだけに、
「フランチャイズに加盟してる不動産会社のほうが、なんだか良さそう?」
と思ってしまわれるかもしれませんが、実際はどうでしょう。

結論から言うと、
知名度があるフランチャイズに加盟していることと、その不動産会社の「対応レベル」とは、必ずしも、直接的な関係があるとは言い難い
という面があります。

なぜなら、フランチャイズに加盟しているといっても、実体は、
地元の不動産会社
だからです。

※ピタットハウスの場合は、直営店比率が比較的高い為、最寄りのお店が直営店の場合もあります。

また、ここでいう「対応レベル」とは、
・不動産取引に関しての見識が高い
・顧客目線での対応ができている

などを言います。
ですので、フランチャイズのお店といっても、実際は、
その会社の姿勢や、担当者の対応内容によって、不動産会社の選定をするべき
と言えます。
下記、具体的な内容について説明します。

加盟している不動産会社の姿勢をみるべき

フランチャイズは、
本部は、加盟店である会社(フランチャイジー)に
「ブランド名」や「経営ノウハウ、営業ノウハウ」を提供
し、
その対価として、ロイヤリティー等を得る

というものです。

ですので、知名度のある看板を掲げていたとしても、あくまで、その店舗の経営は、
フランチャイズに加盟している地元の不動産会社
になります。
看板などには、フランチャイズのブランド名の後に、不動産会社名が記載しています。
ですので、その地元の不動産会社の経営の取り組み姿勢や、担当者のレベルが、期待値通りではないケースもあります。

もっとも、これは、
フランチャイズではない、他の不動産会社にも言えること
ではあります。

ただ、
フランチャイズに加盟している不動産会社だからといって、なにか、過度の期待感や安心感をもつと、実体とのギャップがあるケースがあり、中身は、ふつうの不動産会社とあまり大差ない場合が多い
という認識を持っておくと逆に良いと言えます。

フランチャイズに加盟している不動産会社の良い面

フランチャイズ本部の方針、指導内容にもよりますが、加盟店の場合の良い面としては、例えば、
そのブランドによる店内イメージの安心感
・使用する書面、販促ツールが整っている

・ブレザーなどの制服がある場合は、その印象が良い?
などがあります。

また、本部によっては、
営業の方法に関して、丁寧な研修を行っていたりしますので、新人を採用した際には、そのスキルアップには、良い面があります。
また、成績のよい加盟店の表彰式などを行っている先もありますが、これは、ユーザーにはあまり関係はありません。

フランチャイズの場合、店舗の見た目上の安心感はありますが、相談する不動産会社を選ぶ際には、あくまで、ひとつの要因としてとらえておいたほうが良いでしょう。

補足

フランチャイズ店舗の注意点としては、稀に、
不動産取引の経験があまりない会社
が加盟している場合があります。
これは、フランチャイズ本部の中には、異業種から不動産業界への進出をサポートするような内容で営業しているようなケースがあるからです。

その場合、その会社自体に不動産実務の経験がないので、
不動産取引の実務経験があり、宅建資格をもっている社員を採用
して開業したりします。
もっとも、そういうケースでは、フランチャイズ本部のサポートもあると思われますが、いずれにしても、上記にも記載しましたように、
実際の対応をみて、安心できる先かどうかを判断する
ということが重要であると言えます。

以上、フランチャイズの不動産会社についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました