マンション購入時に司法書士さんへお支払いする費用

マンション購入時に司法書士さんへお支払いする費用マンション購入のポイント

マンションを購入する際に経費のひとつに
司法書士さんへお支払いする費用
があります。

これは、マンションを購入した際に、
その物件の登記を行う必要
があり、その費用になります。

その内容と補足情報について下記に説明していきます。

司法書士さんにお支払いする費用の内訳

不動産を購入する際は、その所有権が移転します。
その為、そのことを登記する為、法務局に申請を行います。

通常は、不動産の決済(残代金の支払い)をした日に法務局に行って、登記を行います。
その手続きを司法書士さんに依頼し、その為の費用が発生します。

見積り例

御見積書の例としては、下記のような体裁が一般的です。

(参照)司法書士さえき事務所さんの御見積書の場合(PDF)

https://www.sss-office.jp/sample_mitsumori.pdf

司法書士さんにお支払いする費用としては、基本は、下記になります。

■所有権移転に関するもの
 登録免許税
 と
 司法書士さんの報酬額

■抵当権の設定費用(住宅ローンを組む場合) 
 登録免許税
 と
 司法書士さんの報酬額

■住宅用家屋(専用住宅)証明 取得費用
 ※登録免許税の減税に使用します。

登録免許税

登録免許税又は印紙税は、法務局(国)に支払う費用(実費)です。
この費用は、物件の課税標準(固定資産税評価額)によって変わってきます。つまり、評価額の高い物件ほど、登録免許税も高くなります。
その金額自体は、どの司法書士事務所経由でも変りません。

また、登録免許税は、
住宅用家屋(専用住宅)証明
を取得することで、減税されます。
これは、取得した住居が個人の住居用として、1年以内に登記されることを条件に減税対象になるというものです。

また、マンションの場合、
25年以内(耐火建築物)
あるいは、
25年以上の場合、既存住宅売買瑕疵保険の加入
という条件でも減税の対象になります。

登録免許税

登録免許税自体の金額は、計算式が決まっています。

■国税庁 登録免許税の税額表
(所有権移転や、抵当権設定の登録免許税の計算式が記載されています)

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/inshi/7191.htm

司法書士さんの報酬額

この金額は、司法書士さんによって多少のばらつきがあります。
※改正司法書士法が平成15年4月より施行され、それ以降、司法書士さんの報酬は自由化されました。

所有権移転については、概ね、5~10万円、
抵当権設定については、概ね、5万円前後、

といったところでしょうか。

住宅用家屋(専用住宅)証明 取得費用

これは、上記に記載しましたように、
登録免許税の減税
の為のものです。
通常は、司法書士さんが気をきかせて取得しますが、気になる場合は、念の為、確認しても良いでしょう。

その他の費用

その他の費用としては、
・所有権移転後に取得する「登記簿謄本」の費用
・郵便費
・場合によっては、交通費

などの諸経費になります。
司法書士事務所によって、記載内容が異なります。

注意点

司法書士さんは、通常、不動産会社からの紹介の先にそのまま依頼する場合が多いです。
その際の注意点としては、
その費用が高すぎるケース
です。
その場合は、その費用が高い理由をしっかりと確認しましょう。

通常、その物件や、売買を担当する不動産会社に近い「地元の司法書士さん」が担当する場合が多いです。
その場合は、概ね、相場に近い見積りを提示してくることが多いでしょう。

逆に、全く関係ないエリアの司法書士さんを紹介するような場合は、何か違和感があります。特に、見積りもかなり高い金額の場合は、注意が必要です。
というのも、不動産会社の中には、司法書士さんに紹介料を要請するような会社もあるからです。その場合、結果、司法書士さんの見積り金額も高くなってしまいます。
司法書士さんから紹介料をとることは違法にあたりますが、実際、このようなことをする不動産会社もあります。

マンション購入を相談する不動産会社を選定する際は、信頼できる先を選びましょう。

以上、「マンション購入時に司法書士さんへお支払いする費用」についての情報でした。

タイトルとURLをコピーしました