ネット銀行の選び方

ネット銀行の選び方マンション購入のポイント

住宅ローンを選ぶ際、金利が低いということで、ネット銀行を検討されるケースも増えてきています。

ネット銀行は、金利が低いというメリットがある反面、従来の銀行とは異なる「注意点」があります。

結論から言いますと、
マンション購入で住宅ローンを組む場合は、
・売買契約前の住宅ローンの事前審査(仮審査)は、ネット銀行の他に、従来の金融機関の事前審査も必要
・ネット銀行の本審査は時間がかかる為、その点を踏まえた売買契約書が必要
・ネット銀行の本審査でNGになることも想定しておく必要
があります。

下記に、順に説明していきます。

売買契約前の住宅ローンの事前審査(仮審査)について

住宅ローンでマンションを購入する際は、売買契約を取り交わす前に、
住宅ローンの事前審査が通っていること
が条件になります。

住宅ローンが組めるであろうことを確認してから契約をするわけです。
でないと、売買契約しても住宅ローンが通らなかったら、売買契約自体が無駄になってしまいますので、予め、住宅ローンの事前審査が通っていることを確認してから売買契約を結びます。

ただし、ネット銀行の住宅ローンの事前審査は、従来の銀行に比べて、
簡易な審査(審査精度が低いもの)
になっています。
ですので、通常、売買契約前の事前審査としては、不十分という判断になります。

結果、住宅ローンでネット銀行を利用する場合でも、
事前審査は、ネット銀行の他に、従来の銀行の事前審査を通しておく
必要があります。

ネット銀行の本審査は、時間がかかります。

従来の銀行の場合、住宅ローンの本審査は、1週間~2週間程度が一般的ですが、ネット銀行の場合は、
少なくとも1ヶ月以上の日数を要するケース
が多く見受けられます。
(書類の不備などがあると、更に日数を要します)

その状況を踏まえて、売買契約書に記載の、
融資未承認の場合の契約解除期限
の日程を余裕をもって設定しておく必要があります。

※「融資未承認の場合の契約解除期限」に関しては、ネット銀行の本審査でNGになった場合、どのようにするのかによっても、日程の設定が変わってきます。
内容は、下記の「ネット銀行の本審査でNGになることも想定しておく必要」を参照下さい。

また、売買契約書には、その他にも、
・買主自主ローンの場合の融資利用に必要な書類の最終提出日
・決済日
も記載します。

これらの日程の設定は、重要ですので、売買契約の取り交わしの前に、不動産会社の担当者と調整しておきましょう。

売買契約書に記載の内容を違約してしまうと、違約金の対象になってしまいますので、注意が必要です。

ネット銀行の本審査でNGになることも想定しておく必要

ネット銀行の場合、事前審査の精度が低い分、本審査でNGになってしまうリスクもあります。

万が一、本審査でNGになった場合、
融資未承認で契約解除する
他に、
事前審査をしたもうひとつの銀行で本審査をする
という選択肢もあります。

事前審査をしたもうひとつの銀行で本審査をする場合、その本審査の為に、更に日数が必要になります。

ですので、それも踏まえて、
融資未承認の場合の契約解除期限
の日程を設定しておく必要があります。

手数料に関して

住宅ローンを組む場合、金融機関は、
保証会社
を活用して、返済リスクを軽減します。
その際、保証会社への保証料は必要になり、住宅ローンの借主が負担します。
保証料は、2020年の時点で、概ね、
「金利上乗せ」で0.2%
「一括前払い型」で借入額の2%
の銀行が多い状況です。
仮に、3,000万円の借入の場合、2%で60万円の保証料になります。

ただ、保証会社を活用しない銀行もあります。
その場合、保証会社の保証料が発生しません。

ネット銀行の場合、多くが、保証会社を活用していませんので、その場合、保証料が発生しません。

この場合の注意点としては、
・保証料が発生しないが、その分、手数料が高めに設定されている
・保証会社を活用しない分、本審査が厳しい場合がある
という点になります。

手数料の設定については、ネット銀行によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。
場合によっては、保証会社への保証料を同じ程度や、それ以上になることもあります。

また、本審査の審査基準も、ネット銀行によって異なります。
審査の詳しい内容は、わかりません。
基本、結果しか教えてもらえません。

住宅ローンでネット銀行を利用される際は、上記のような事項に注意しましょう。

以上、「ネット銀行の選び方」についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました