マンションの駐車場のチェックポイント

マンション駐車場マンション購入のポイント

マンションの内見をする際は、共用設備もチェックしておきましょう。
その中で、
駐車場
も重要なチェックポイントの一つです。

マンションの駐車場のチェックポイントについて、下記に順に説明していきます。

機械式か、平置きか

マンションの駐車場の場合、
機械式駐車場場

平置き
の駐車場になります。

どちらが良いかといえば、停めやすいという点から
平置き
のほうが良いです。
また、平置きの場合、屋根がある場合と無い場合があります。
2階建ての平置き駐車場の場合は、1階のほうが雨の時便利だったり、日があたらなかったりするので好まれます。

一方、機械式の場合、
・入出庫の際に、待ち時間がある。
 特に、朝の通勤時に、順番待ちをする必要もあるかもしれません。
・機械のメンテナンス費がかかる分、その費用が管理費に反映される
という面があります。
敷地の関係で、機械式にせざるをえないケースもあります。

動線

駐車場から道路のでるまでの動線
もチェックしておきましょう。
なるべくなら、マンションの住人が徒歩で行き来する動線とは別の経路で道路にでられるような設計ですと安全です。

以前、敷地の関係で、
住人がエントランスから徒歩で建物に入る時の動線とクロスして、駐車場の車が通るような動線
のマンションがありました。
マンションには、小さなお子さんもいますので、なるだけ、事故がおきにくい動線かどうかも確認しておきましょう。

駐車場の数

住戸1つに対して、駐車場1台のマンションの場合、
住戸数と駐車場の数は同じ
か、来客用の駐車スペースがある場合は、若干駐車場の数のほうが多いケースもあります。

また、マンションを購入した際の駐車場の位置についても確認しておきましょう。
現所有者と同じ場所になる場合が多いですが、管理規約上の内容によっては、場所が変更になる可能性もあります。
(団地などの場合は、定期的に、抽選で場所がかわるケースもあります)

 

=補足=

マンションによっては、マンションの販売時に、駐車スペースも販売しているケースもあります。
いわゆる「分譲駐車場権利付き」と呼ばれるものです。

このケースは、ややこしい問題に発展する場合があります。
実際、管理組合とそのマンションを販売した業者との裁判になったケースがあります。

マンションの敷地は、通常、
所有権が区分所有者全員で共有
され、所有者が敷地利用権を持っているという形態をとります。
ですので、
駐車場の管理使用に関する事項は共有者である区分所有者全員の意思によって決定されるべき
という解釈ができる訳です。

北九州市内の1989年(平成元年)に分譲されたのマンションの場合、裁判では、
第一審・二審では管理組合の主張が認められ、最高裁では逆転判決
という結果でした。

いずれにしても、「分譲駐車場権利付き」のマンションの場合、注意が必要です。

以上、「マンションの駐車場のチェックポイント」についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました