マンションのリフォーム業者の選び方

マンションのリフォームをする際に、
どの業者さんを選べば良いのか?
について、悩ましいところです。

マンションの業者さんを選定する際は、
・信頼できる会社かどうか
・リフォームの品質
・価格
・アフターフォロー

などをもとに検討していきます。

順に見ていきましょう。

目次

信頼できる会社かどうか

信頼できる会社の中から選定するのが望ましいのですが、正確な情報を確認するのは、難しい面もあります。

一番良いのは、実際にその会社でリフォームをされた人に話しを聞くことです。
ただ、お知り合いにそういった方がおられれば良いのですが、タイミングなどの問題もありますので、難しい部分もあるでしょう。

その他の方法としては、
ネットのクチコミ情報
があります。
ただ、その情報の信頼性の問題もありますので、あくまで参考程度にしたほうが良いでしょう。

参考

下記のサイトは、比較的、中立的な情報が記載されています。
但し、実際の選定の際は、複数の業者さんから相見積もりをとって比較検討されることをお勧めします。
見積り依頼の際の対応も、しっかりチェックしておきましょう。

リフォーム評価ナビ

あわせて読みたい
リフォーム会社の評判・一括見積もりは口コミ豊富な【リフォーム評価ナビ】 リフォーム評価ナビは、一般財団法人が公正・中立な立場で運営している、全国のリフォーム会社の口コミ・評判・事例など豊富な情報を掲載しているリフォームポータルサイト...

現実的には、ネットの情報も参考にしつつ、
近隣で、
比較的マンションリフォームの実績のありそうな会社を複数ピックアップして、相見積もりを依頼する
ということになります。

見積りを依頼する際は、
その会社の事業継続年数
や、
年間の施工件数
も確認しておきましょう。

また、しっかりとした会社の場合、業界の団体協会にも加盟している場合が多いので、どんな団体に加盟しているかもチェックしておくと良いでしょう。

逆に、下記のような会社は、避けたほうが賢明と言えます。

・過去の行政処分を受けてる会社

下記サイトでチェックできます。
ただし、リフォーム業者の場合、情報は、建設業の免許をとっている会社に限定されます。

国土交通省ネガティブ情報等検索システム

あわせて読みたい
国土交通省 ネガティブ情報等検索サイト 事業者の過去の行政処分歴を検索するサイトです

・遠方の会社

本社が遠方の会社の場合、近隣の会社に業務を丸投げするリスクもあります。

・見積りの内容について

見積りを依頼したあと、提示された内容がアバウトな場合は、候補から外したほうが良いと言えます。
例えば、工事内容の内訳が、
「〇〇一式」
のみしか記載が無いような場合は、いい加減な計算をしていると言えます。

リフォームの品質

丁寧な仕事をしてくれるかどうかを事前に判断することは難しい面があります。
しかしながら、
リフォームの際の要望のヒアリングの仕方
それに対する提案内容
スケジュールに関して
アフターフォローや保証について

など、事前の説明がしっかりなされているか、担当者の対応レベルは、予め確認することができます。

また、その会社のホームページに、過去のリフォームの事例が詳しく掲載されているようですと参考になります。

価格

リフォーム工事の場合、トラブルの原因としてあげられる項目に、
追加工事
があります。

最初の提示金額が低くても、あとから追加工事を求められる場合があります。
ですので、
提示金額があまりに低い場合
は、逆に注意が必要です。

見積り金額が、ある程度、標準的な価格帯であれば良しとして、また、追加工事の可能性があるかどうかも、事前に確認しておく必要があります。
その内容も、工事の発注書に記載しておくと良いでしょう。

アフターフォロー

リフォーム後の対応についても、確認しておきましょう。
マンションの場合、戸建てと違って、基本構造部分の不具合が発生する可能性は低いですが、なにかしらの対応が必要なケースもあります。

担当者に、アフターフォローについて、過去どのような事例があったか、その場合の対応内容も聞いておくと良いでしょう。

大規模なリフォームの場合は、下記の
リフォームの瑕疵保険
というものもあります。

状況に応じて、検討しても良いでしょう。

リフォーム瑕疵保険

あわせて読みたい
新築・既存住宅の売買やリフォームにおけるかし保険のことなら住宅瑕疵担保責任保険協会 新築及び既存住宅の売買、リフォームやマンション大規模修繕におけるかし保険のことなら住宅瑕疵担保責任保険協会へ。既存住宅状況調査(インスペクション)の技術者講習も...

以上、マンションのリフォーム業者の選び方についての説明でした。

(この記事について)
この記事は、不動産会社である「株式会社クラスイエ」[宅建業 千葉県知事(1)第17909号]が、不動産売買の実務経験を基に記載しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

▼クリックよろしくお願いします!(ブログランキング)

     にほんブログ村 住まいブログ 中古マンションへ     
目次