信用金庫での住宅ローンについて

信用金庫での住宅ローンについてマンション購入のポイント

マンションの購入をする際に、金融機関で住宅ローンを組む場合が多いかと思います。

その際、銀行やフラットなどでの対応になります。

そのうち、
地元の信用金庫
も選択肢にいれる場合の注意点、メリットについて説明していきます。

住宅ローンで信用金庫を利用する場合の注意点

信用金庫は、対応エリアが決まっています。

地域毎に信用金庫がありますが、各信用金庫によって対応エリアが決まっています。

通常、住宅ローンを利用される方の
・お住まい
もしくは、
・ご勤務先
の住所の信用金庫を利用することになります。

例えば、A信用金庫のエリア内に、お住まいもしくは、ご勤務先があれば、A信用金庫を利用することはできますが、異なるエリアにあるB信用金庫は利用できないことになります。

ですので、該当する信用金庫に住宅ローンの相談にいくことになります。

※ちなみに、農協(JA)で住宅ローンを組む際も同様に、エリアによって管轄する農協(JA)の窓口が決まっています。

住宅ローンの繰り上げ返済の場合の対応

住宅ローンに繰り上げ返済する際、銀行によっては、
ネットバンク口座を作れば、繰り上げ返済の手数料が不要
といった対応の先もあります。

ご利用の信用金庫の場合、繰り上げ返済の場合の対応も確認しておきましょう。

店舗の数の問題

転勤などがある場合は、支店の数の問題もでてきます。
但し、ATMの場合は、平日、土日の営業時間帯の入出金の手数料は無料になります。

しんきんゼロネットサービス
https://www.shinkin.org/zeronet/index.html

但し、住宅ローンの繰り上げ返済で店舗窓口にいく必要がある際などは、転勤などで店舗が遠くなってしまった場合は、不便にはなります。

 

住宅ローンで信用金庫を利用する場合のメリット

都銀、地銀で事前審査NGの場合でも、信用金庫でOKになる可能性

信用金庫の保証協会が、基本、銀行と異なりますので、他の金融機関で住宅ローンの事前審査がNGだったとしても、
信用組合の住宅ローンの事前審査でOKになる可能性
があります。

具体的には、通常、金融機関で住宅ローンを組む際に、その金融機関は、住宅ローンの保証をしてくれる「保証会社」を使います。

そして、金融機関で住宅ローンを組む際の事前審査は、
金融機関の審査
の他、
保証会社の審査
もなされます。

その「保証会社」が、都銀や地銀と、信用金庫では異なる場合が多いのです。
(一部の地銀では、信用金庫の利用している保証会社での審査ができるケースもあります)

=補足1=
保証会社に関して、都銀や一部の地銀では自社のグループ会社の保証会社を使う場合が多く、また、一部の金融機関では、保証会社を使わないケースもあります。

保証会社を使わない場合、借主が負担する保証料が発生しないのですが、その代わり、手数料が高めいに設定されています。

 

=補足2=
保証協会というのは、住宅ローンを組む際に、金融機関に対してその返済の保証をする会社です。

つまり、万が一、住宅ローンが返済できなくなった場合、金融機関に対する返済を保証会社が対応し、
その債権はその保証会社が持つ
ということになります。

この場合、借り手の住宅ローンの返済義務が無くなるということではありません。
ただ、返済できない状況の場合は、結果、住宅ローンの対象となる物件が、法的な手続きを経て、任意売却や競売にかけられてしまうケースが多くなってしまいます。

地域密着型の金融機関

信用金庫は、活動エリアもその地域に限定されており、それだけに、地域密着型の営業をしていると言えます。

信用金庫のメインの顧客は、地域住民や地元の中小企業、個人事業主ですので、金融機関としての規模は小さいものの、柔軟に対応してくれるケースもあります。
ただ、あくまで、きまった審査基準にのっとって審査をしますので、その点は、他の金融機関と変わりません。

 

=補足3=
信用金庫の他、信用組合という金融機関もあります。
銀行、信用金庫、信用組合とそれぞれ管轄する法律が異なり、また、組織形態、業務範囲に違いがあります。
信用金庫は、
「会員の出資による協同組織の非営利法人」
で、融資は原則として会員を対象とします。ですので、住宅ローンを組む際は、基本、会員にる必要があります。通常、最低、1,000円程度からの出資で会員になれます。
また、単に預金するだけなら会員になる必要はありません。
信用組合の場合は、預金する際も、会員になる必要があります。

詳しくは、下記をご参照下さい。

信用金庫と銀行・信用組合との違い(全国信用金庫協会)
https://www.shinkin.org/shinkin/difference/

いずれにしても、住宅ローンを組む際の選択肢のひとつとして、検討しても良いでしょう。

以上、信用金庫での住宅ローンについてについての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました