売内契約書は、どこをチェックすれば良いですか?

売内契約書は、どこをチェックすれば良いですか マンション選びQ&A
質問

売内契約書は、どこをチェックすれば良いですか?

回答

買主が不利になる内容がないかをチェックしましょう。

マンション購入の際には、
売買契約書の取り交わし
と合わせて、その物件の内容が細かく記載されている
重要事項説明書
の説明があります。

各書面とも、長々と文章が続き、専門用語もでてきたりしますので、内容の説明を受けても、すっとはいってこない場合もあるかもしれません。
ですが、契約ごとなので、内容に違反すると、違約金の対象となり、注意が必要です。

具体的にチェックするポイント

では、具体的にチェックするポイントをみていきましょう。
基本は、買主に不利な内容がないかをチェックすることになります。

住宅ローン特約があるかどうか

売買契約の後、住宅ローンの本審査があります。
基本、万が一、本審査でNGになった場合、売買契約を白紙解除する内容を記載します。
念の為、記載があるかチェックしましょう。

この記載がないと、本審査NGの場合、違約金の対象になってしまいます。
(違約金;売買代金の20%)

スケジュールについての記載

契約書には、通常、
・住宅ローンの本審査の提出期限
・住宅ローンの本審査NGの場合の契約解除期限
・決済(売買代金の残金の支払い、所有金移転登記)

のそれぞれの日程が記載されています。
その日までにそれぞれを行うということになります。

設定した日程に無理がないかをチェックしましょう。
遅れると、契約内容に抵触することになります。

「特約条項」の確認

売買契約書の「特約条項」の箇所には、
告知事項やなにか不具合がある場合など
を含め、その物件の、買主が許容すべき事項は記載されています。

この「特約条項」に記載されていることは、売買契約書の各条項の内容よりも優先されますので、注意しましょう。

また、同様に、重要事項説明書の最後のほうのページに、「その他の重要な事項」などといった記載の箇所があります。
こちらも同様に、その物件の注意すべき事項が記載されていますので、あわせて意識してチェックしておきましょう。

補足

売内契約書については、ポイントをしっかりおさえて、内容に問題があるときは、関係者と調整の上、修正をしてもらいましょう。
また、どうしても内容に納得が行かない場合は、署名捺印はせずに、再度、検討の上、結論をだしたほうが良いでしょう。

その場の雰囲気で、署名捺印をしてしまうと、その契約内容を承認したことになりますので、あくまで、内容を理解、納得した上での契約をすることは大切です。

以上、売買契約書のチェックについての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました