マンション購入の際にチェックすべき補助金 | 【公式】マンション購入ガイド

マンション購入の際にチェックすべき補助金

マンション購入の際にチェックすべき補助金マンション購入

マンションを購入された際に、
条件によって、地方自治体(市町村)から補助金
が支給される場合があります。

これは、その地方自治体(市町村)ごとのルールによって変ってきますので、一概には言えませんが、マンションを購入された際には、念の為、チェックしておきましょう。
一般的にどのようなものが多いか、また注意点についてあわせて下記に説明いたします。

本記事は、執筆者(宅地建物取引士の資格保有)の不動産取引の実務経験に基づいて記載しており、記載内容も、すべてオリジナルな内容となっています。
また、本サイトは、宅建業の免許を持つ不動産会社が運営しています。[宅建業 千葉県知事(1)第17909号]

よくある補助金の種類

定住促進

人口が減少傾向にある自治体の場合、定住を促進する目的で、他の地方自治体からの転入時に、補助金がでる場合があります。
この場合、小さいお子さんもいらっしゃると補助金の加算があるケースもあります。
また、転入者の年齢による条件が設定されている場合もあります。

若い世代の住宅取得

若い世代が住宅を取得する場合に、補助金がでるケースがあります。
若い世代ですので、年齢的な条件があります。

親元同居近居支援、Uターン同居

これは、もともと親御さんがその地方自治体にお住まいで、そこに転入されて、住居を取得された場合の補助金です。

住宅リフォーム補助金

住宅購入後にリフォームされるようなケースで、そのリフォーム費用の一部が補助される場合があります。
このケースでは、通常、その地方自治体にあるリフォーム業者さんが請け負う場合などの条件がつくことが多いです。
ですので、見積り内容によっては、あまりメリットがないことも想定されます。

補助金の注意点

その年度の予算内の事業であること

その地方自治体で、その補助金の予算が決まっています。
ですので、その年度で、予算を使い切ったら、その時点で終了となります。
いわゆる、早い者勝ちとなります。
補助金の条件に合致しても、タイミング的にもらえない可能性もあります。

ただ、補助金目的で物件を取得するのは本末転倒になってしまいますので、あくまで、
補助金がもらえればラッキー
という程度の位置づけにしたほうが良いと言えます。

制度が変更になる可能性

年度が変るタイミングで、補助金の制度が変更になったり、あるいは、補助金制度そのものがなくなる場合があります。

補助金の条件

補助金の対象条件が、細かく決まっています。
ですので、地方自治体(市町村)のホームページや窓口で、対象条件について事前に確認して、必要書類があれば準備しておきましょう。

補足

例えば、千葉県の市町村の場合は、下記ページのような補助金があります。

以上、マンション購入の際にチェックすべき補助金についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました