タワーマンションの水害 (マンション購入の注意点) | 【公式】マンション購入ガイド

タワーマンションの水害 (マンション購入の注意点)

タワーマンションの水害マンション購入

2019年10月の台風19号で水害の被害を受けたマンションが、武蔵小杉の
にあります。

近隣の11棟のマンションのうち、下記の2棟が被害を受けました。

「パークシティステーションフォレスト武蔵小杉」
「シティハウス武蔵小杉」

「パークシティステーションフォレスト武蔵小杉」の被害の内容は、
地下4階の貯水槽の水量が満杯になり、結果、地下3階の電気設備が浸水した
というものです。

結果、配電ができなくなり、
・エレベーター含め、各住戸の電気が止まる
・電気で動作していた上下水道が止まる
という事態になってしまいました。

地下4階の貯水槽の水量が満杯になった原因は、多摩川の水が下水道を通って逆流したため、貯水槽の想定水量をオーバーしてしまった可能性が高いと考えられています。
また、水が侵入経路として、電気室の通風孔からの浸水の可能性もあります。

近隣には全部で11棟のタワーマンションがあり、そのなかで、被害の差があるということから、
・同じエリアでも、そのマンションの場所の地形的な問題
・建物の構造的な点(配電設備の場所など)

などの影響も考えられます。

また、水害の被害があると、マンションの資産価値も目減りしてしまいますので、深刻な問題となります。

いずれにしても、水害リスクを避けるために、マンション選びをする際に、
エリア選定
が非常に重要になります。

ちなみに、武蔵小杉駅前周辺には、
古くは河川だった場所と呼ばれる「旧河道」のエリア

「低位地帯」と呼ばれる、周辺部よりも標高が低いエリア
があります。

一般的に、
「旧河道」は、地盤が弱く、地震の際には、液状化するリスクがあるエリア
「低位地帯」は、排水が困難なエリア
と言われています。

今回の水害に関しても、
「パークシティステーションフォレスト武蔵小杉」;「旧河道」、「低位地帯」
「シティハウス武蔵小杉」;「低位地帯」
となっています。

ですので、マンションのエリアを選定する際には、
エリアが昔どんな「地形」だったか
を確認しておくと良いでしょう。

昔の地形は、下記の国土地理院のサイトから確認できます。
地図・空中写真・地理調査

以上、「タワーマンションの水害」についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました