外からベランダ側を見て、わかること

マンションのベランダ側を外から見て、わかることマンション購入のポイント

マンションの内見をする際に、外からベランダ側を見ておきましょう。
いくつかのことが確認できます。

下記に順に説明していきます。

ベランダに布団がほしていないか、、

ベランダ側の立ち上がり壁に、布団をほしていないかもチェックしていくと良いでしょう。
古いマンションを除いて、通常は、マンションの管理規約で、
ベランダの立ち上がりに布団を干すことはNG
の場合が多いです。
理由は、
マンションの景観の観点
によります。
ですので、洗濯物も含めて、ベランダの内側に干すことになります。

ただ、外から見えるように布団や洗濯物が干している場合があるかもしれません。
そういったケースでは、
・管理規約を守っていない住人がいる、
・管理組合も、管理規約を徹底できていない、

といったことになります。

※もっとも、先に記載したように、古いマンションなど、そういった規約自体が設定されていない物件もあります。

ベランダに植栽がたくさん置いてある

検討をしている住戸の上下左右の部屋に、
植栽がたくさん置いている場合
は注意が必要です。

稀に、ベランダに外から見えるくらいに植栽をたくさん置いている住戸があります。

ベランダに植木鉢やプランターを置くこと自体は問題ないのですが、度を越した状態ですと、
・虫や落ち葉の問題
・非常時の通路の問題(ベランダは非常時の通路になります)
・実をつける植栽の場合は、鳥の問題

などが発生します。

もちろん、管理規約に抵触する状態の場合は、管理組合からの注意喚起がなされます。
ただ、実際に検討している住戸に隣接している箇所がそのような状況ですと、面倒なので、事前いチェックしておくと良いでしょう。

鳥よけがあるかどうか

マンションによっては、
鳥が飛来しやすい物件
というのが存在します。

近隣に高い建物がなかったり、あるいは、環境的な要因などにも影響します。
鳥の被害があると、洗濯物への糞はもちろん、健康被害や掃除の必要など、なにひとついいことがありません。

鳥が来やすいマンションには、
・ベランダにネットが張っている
・鳥よけのグッズが吊っている
・その他、鳥よけの施策がなされている(屋上や階段などの手すりに鳥よけを設置)

といった対策がなされています。

外からも確認できますので、必ずチェックしておきましょう。

補足;ベランダとバルコニーの違い

ベランダは、通常、
住戸から外にある屋根付きの部分
のことを言います。
マンションの場合、上の階のベランダの床が、屋根のなります。

それに対して、バルコニーは屋根がありません。
マンションの場合は、
ルーフバルコニー
がそれに相当します。
物件によっては、「ルーフバルコニー」つきの物件があります。
ルーフバルコニー付きの物件の場合は、通常、ルーフバルコニーの利用について毎月の使用料が発生しますので、注意しましょう。

※マンションのベランダ、バルコニーは、共有部分という扱いになり、住戸の所有者はその「専用使用権」を持つという解釈になります。

以上、「マンションのベランダ側を外から見て、わかること」についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました