マンション購入の検討時の「前面道路」の注意点

道路周辺環境・行政情報

マンション購入の検討の際には、
生活のしやすさ
を念頭に周辺環境をチェックしていくことが重要です。

生活のしやすさについては、
日常、利用する「道路」の状態
もその重要な要因のひとつと言えます。

敷地の前面にある、いわゆる「前面道路」については、
・道路の種類
・道路幅
・歩道の有無
についてチェックしておきましょう。

道路の種類ですが、法的な分類の仕方ではなく、
・幹線道路
・生活道路
・私道

という見方で考えていきます。

それぞれの注意点を含めて、下記に説明していきます。

 道路の種類について

 幹線道路について

ここでは、幹線道路の定義を
国道など、昼夜とも通行量が多い道路
としてとらえます。
こういった道路に面したマンションは、一見、便利そうなのですが、
交通事故の危険性や、騒音、振動などの懸念点
が生じます。

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭ですと、飛び出し事故のリスクもでてきますので、注意が必要です。
また、幹線道路の場合、夜間も大型車が通行することも多々ありますので、騒音、振動などのリスクもあります。

敷地は幹線道路に面していても、建物は奥のほうに建っている場合は、そういったリスクも軽減しますので、現地をみて判断する必要があります。

マンション購入

生活道路について

敷地が、幹線道路ではなく、
その地域の住人が利用する生活道路
に面していることが望ましいと言えます。
主に、そのエリアの人が使用する道路ですと、セキュリティー面からも安心です。
また、交通量も比較的少なく、静かです。

稀に、抜け道として利用されるような道路もあります。
そういった道路の場合、朝,スピードを出した車が通ったりしますので、注意しましょう。

私道について

道路は、通常、
公道とよばれる国、県、市町村所有の道路

私道とよばれる個人所有の道路
に分かれます。

公道の場合、道路の修繕は、行政側で行いますが、私道の場合、所有者が分担することになります。
マンション所有の私道の場合は、管理費がその修繕費も見込んだ内容になる場合もあります。

ただ、通常は公道に接している場合が多いです。

稀に、小規模なマンションや、奥まった場所に建っている場合、あるいは、周辺の土地事情により、接している道路のと特定の箇所が、
共有を含む私道の場合
となっている可能性もあります。
(もっとも、可能性は低いです。)

そういった場合も、実際の管理自体は、管理組合が行いますので、個人が何か対応するということはありません。
ただ、一般的に、公道に比べると、面倒が部分があり(例えば、道路の修繕は所有者が行うなど)、プラス面は少ないと言えます。

マンション前面道路

 道路幅について

道路幅については、車がある程度余裕をもってすれ違いできる幅として考えると、
6m~8m
といった道幅になります。

4mですと、すれ違いできませんので、注意が必要です。

また、違法駐車が多いような道路、特に、住宅地の場合、夜間に違法駐車が多いというケースもあります。
昼間と夜間で様子も異なりますので、チェックしておきましょう。

 歩道

歩道があると、徒歩でのお買い物や、通勤、通学でも安心です。
また、ご年配の方も、歩道があると安心して行き来できます。
特に、車の通行量が多い朝晩のは、やはり、歩道がないとリスクがあります。

内見の際の周辺環境のチェックには、これらの点も注意して念頭においておくと良いでしょう。

以上、前面道路についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました