マンション購入前の家屋調査(インスペクション)は必要か? | 【公式】マンション購入ガイド

マンション購入前の家屋調査(インスペクション)は必要か?

マンション購入前の家屋調査(インスペクション)は必要か?マンション購入

近年、中古物件を売買する前に、
インスペクション(建物状況調査)
を行うケースが増えています。

また、平成30年4月1日に宅建業法が改正されてから、
「重要事項説明書・契約書における説明・記載事項の追加等」
が必要となりました。

但し、これは、インスペクション(建物状況調査)を義務化したものではなく、
・建物状況調査を実施しているかどうか
・実施している場合は、その結果

を説明するいうものです。
※宅地建物取引業法 第35条および第37条

将来的に、インスペクション(建物状況調査)が義務化される可能性はありますが、現時点では、そこまでのルールにはなっていません。

下記に、マンションにおける家屋調査(インスペクション)について説明していきます。

本記事は、執筆者(宅地建物取引士の資格保有)の不動産取引の実務経験に基づいて記載しており、記載内容も、すべてオリジナルな内容となっています。
また、本サイトは、宅建業の免許を持つ不動産会社が運営しています。[宅建業 千葉県知事(1)第17909号]

マンションにおける家屋調査(インスペクション)は必要かどうか

結論から言いますと、
中古戸建に比べると、必要性は低い
と言えます。

つまり、中古の戸建て住宅の場合、
建物の傾きや雨漏り
などの主要構造部分の不具合がある可能性があります。
それに対して、マンションの場合は、そういった可能性がほとんどないので、家屋調査(インスペクション)の必要性が低いでしょう。
※また、通常、大規模修繕計画の前に、建物全体の調査も行っています。

ただ、物件の中には、
・地震の影響で、構造体に影響がでている
・古いマンションなどで、外壁のクラックなどの影響で、壁から雨水が浸透している

などの可能性がゼロではありません。

念の為、家屋調査(インスペクション)を行うかどうかは、ケースバイケースでの判断にはなります。また、購入前に調査する場合、売主さんの了解もとっておいたほうが良いでしょう。

もしくは、修繕計画用の建物全体の調査結果があれば、不動産会社に依頼して、それをを見せてもらうという方法もあります。
但し、この場合は、内部資料になりますので、基本、利害関係者しか閲覧できません。
マンション管理組合にもよりますが、基本、その物件の購入が具体的な段階になった時点で相談すべきではあります。

住宅ローン減税の関係で、家屋調査を行ったほうが良いケース

住宅ローン減税の関係で、
築年数25年以上でも、昭和56年6月1日以降
であれば、
瑕疵担保保険の調査に対応している「家屋調査(インスペクション)
であれば、費用が発生しても実施するメリットがあります。

住宅ローン減税とは、
毎年の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税から控除できる
というものです。

その対象は、
・登記簿面積(床面積)が50平米以上
・ローンの返済が10年以上

などの条件の他、
・築25年以内のマンション
となっています。

但し、築25年以上のマンションの場合でも、上記に記載したように、
昭和56年6月1日以降の物件
であれば、
事前に瑕疵担保保険の手続きをすれば、住宅ローン減税の対象
となり、そのためには、
瑕疵担保保険の調査に対応している「家屋調査(インスペクション)」
が必要となります。

また、
昭和56年6月1日以降
というのは、耐震基準が新しくなった日以降という意味合いになります。
その物件の、
建築確認の日程が、昭和56年6月1日以降
であるという意味になり、登記された日ではありませんので、注意が必要です。

また、売買の決済前に、瑕疵担保保険の証書が必要となります。

※住宅ローン減税の他、登記の際の登録免除税の軽減措置も受けられます。

家屋調査(インスペクション)の費用

家屋調査(インスペクション)の際は、その資格をもっている建築士さんなどの専門の調査員の方に来てもらって、現地で調査を行う必要があります。

そのための費用も発生します。

会社によって、費用は異なりますが、概ね、
5万円~10万円
といった場合が多いです。

アットホームさんの場合は、
建物状況調査(共同住宅) 45,000円(税別)
となっています。

アットホーム 建物状況調査/既存住宅瑕疵保証・保険サービス

建物状況調査/既存住宅瑕疵保証・保険サービス│住宅インスペクション│アットホーム
「建物状況調査/既存住宅瑕疵保証・保険サービス」は、検査事業者による「建物状況調査」の実施と、その結果を受けて売主さまの瑕疵担保責任を保険で保証するサービスです。建物状況調査と瑕疵保証・保険サービスのダブルの「安心」で、既存住宅の成約をサポートします。

PDFの資料

http://atbb.athome.jp/service/kashi_moushikomi/images/shiryou/7_kashihoshou_leaflet.pdf

以上、「マンション購入前の家屋調査」についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました