マンションリフォームの際の注意点について

マンションリフォームの際の注意点についてマンション購入

マンションの購入後に、
室内のリフォーム
もご検討の方もおられます。

マンションリフォームの際には、いくつか注意点があります。
下記に順に説明していきます。

リフォームできる範囲

リフォームできる範囲は、専有部分のみとなります。
専有部分は、居住部分になります。

「玄関ドアや窓、ベランダ」は、共有部分になりますので、勝手に交換はできません。
玄関ドアや窓を勝手に変えてしまうと、建物全体の景観のバランスが崩れてしまうということもありますし、例えば、玄関ドアの鍵も、エントランスの鍵との連動もありますので、管理組合の管轄になります。

玄関ドアの場合、正確には、「玄関ドアの内側は、専有部分」になります。
実際、玄関ドアの内側だけ、なにか造作をすることは無いですが、何かを貼ったりもできるわけです。

窓に関しても、断熱効果の高い樹脂製の枠を使ったサッシや、3重層のサッシに変更しようと思っても、勝手にはできません。
窓の内側に2重窓を設置することはできます。

ベランダに関しても、非常時の通路としても役割もありますので、造作をすることはできまませんので、注意が必要です。

また、専有部分に関してですが、
建物の躯体部分
は、共有部分になります。

躯体部分とは、建物の構造を支える骨組みのことを指します。
マンションの場合が、鉄筋コンクリート造ですので、その鉄筋コンクリート部分は、共有部分ですので、その部分に手を加えることはできません。

間取り変更

リビングを広くしたり、和室の壁を取り払って小上がりのある和室スペースにしたりするなど、
間取りの変更を伴うリフォーム
を行う場合があります。

その場合は、間仕切り壁を撤去して、
撤去した部分の床や壁、天井部分を補修するか、床や壁、天井全体を貼りかえるなど
して対応します。
間仕切りの箇所だけを補修すると、部分的に目立ってしまうような場合は、全体をまとめて補修するわけです。

間取りの変更をする際は、図面を確認して、
躯体に影響がでないことをチェック
して設計します。

また、細かい点になりますが、室内にある火災警報器気に関して、
・独立して動作するもの
と、
・建物全体の警報機器に連動しているもの
があります。
間取り変更に伴い、設置済みの火災警報器を取り外したりする場合、建物全体の警報機器に連動しているタイプの場合は、対応方法について、事前に、管理組合に相談する必要があります。

和室を洋室に

和室を洋室に変更するというケースもあります。

和室と洋室では、通常、床の下地が異なり、また、段差もありますので、和室を洋室にする際は、
下地の造作も含めた造作
が必要になります。
また、押し入れ天井など、和室向けのなっている部分も、リフォームする対象にするかを確認します。

※備考
通常、和室と洋室には段差があります。
和室を残しつつバリアフリーな状態にするには、畳の厚みがありますので、難しいですが、「薄いタイプの畳(薄畳)」を使ってある程度フラットにする方法もあります。
ただ、構造的な部分にもよりますので、複数の業者さんから提案してもらうことをお勧めします。

フローリングのリフォームについて

フローリングのリフォームについては、大きくは、2つのパターンがあります。

1つ目は、現状の床材を剥がして、貼りなおす方法です。
例えば、無垢材のフローリングに変更した場合は、この方法になります。
この場合、マンションの規約で、「フローリングの遮音等級・L値」の規定がありますので、その基準に沿った材料で対応する必要があります。

2つ目の方法としては、現状のフローリングの上に、クッションフロア(CF)を貼る方法です。
この場合は、現状の床材を剥がさずに上から貼れますので、工事は簡単です。

※マンションによっては、階下への遮音の為に、フローリングに最初からクッションフロア材を使っていく場合もあります。見た目はフローリングですが、歩いてみると、すこしフワフワする材質ででききています。

相見積もりについて

リフォームの見積は、複数の業者さんから提案してもらうことをお勧めします。

実際、会社によって、かなり料金差がでてくる場合もあります。
ただ、料金面だけでなく、
・安心して工事を任せられえるか
・しっかりとした対応か
・アフターフォロー面
など総合的に判断していきましょう。
見積書の書き方も、「〇〇工事一式」といったアバウトな書き方をしている場合は要注意です。
また、悪質な業者は、見積り金額を低くしておいて、「追加工事」の名目であとから費用を請求するような会社もあります。

工事を依頼する業者さんを決める際は、ネットでのクチコミも含め、これまでの実績面も確認しておきましょう。

管理組合への届け出

マンションを購入した後、リフォーム工事を行う際には、事前に、管理組合にリフォーム工事の届け出を提出しておく必要があります。
また、上記にも記載しましたが、工事の内容によっては、マンションの規約にそった内容にする必要がある場合がります(フローリング材の遮音性能など)。
工事内容にゆっては、事前にチェックしておきましょう。

また、工事の際は、日中、業者さんの車を停める場所も確保しておく必要があります。
管理事務所に、業者さんの車の停める場所があるかどうかも確認しておきましょう。

以上、「マンションリフォームの際の注意点について」の説明でした。

タイトルとURLをコピーしました