新築マンションのモデルルーム見学時の注意点とは?!

新築マンションのモデルルーム見学時の注意点マンション購入

建築がこれからという新築マンションの場合は、
モデルルーム
を見て、完成後のお部屋のイメージを持つことになります。

もちろん、あくまでモデルルームですので、実際の部屋とは異なります。
ですので、仮に実際にその物件を購入した際、
完成前のイメージと、完成後の状態とのギャップ
がなるべく生じないように、注意する必要があります。

主な注意点について以下に順に説明していきます。

物件のロケーション

そのマンションの立地環境については、一般の物件と共通する部分です。
モデルルームに行かれる際に、あわせて確認しておくことをお勧めします。

駅からの物件までの状況

物件と駅からの距離や、道筋、歩道があるか、街灯があるかなど、安全に行き来できるかなどを確認します。

学校、商業施設、病院など

学校の学区や、普段使うお店、病院などの位置関係も確認しておきます。

周辺の環境

そのエリアの用途地域によっては、近隣に、工場や商業施設などがあることもあります。
特に、工場の場合は、風向きによって匂いがくる場合があります。
また、幹線道路鉄道などがある場合も、位置関係に注意して、騒音の影響を受けそうかを確認しておきましょう。

眺望に影響を与える可能性のある建物

お部屋からの眺望を遮るような高い建物がないかもチェックしておきます。
また、隣地が更地で、複数棟のマンションが建つ計画がある場合、眺望が遮られる可能性もあります。そのような場合は、モデルルームの担当者に、確認しましょう。

 

モデルルームについて

モデルルームは、専門の業者が作っていますので、素敵に演出しています。
特に女性は、心動かされることが多いでしょう。
私の知り合いも、モデルルームで衝動的に申込書にサインしてしまった人がいました。
その場で決めずに、冷静に検討することをお勧めします。

新築の分譲マンションの場合は、通常、1期、2期と、販売期を分けて販売します。
これは、
一度に販売してしまうと、人気のある部屋が先に売れてしまい、売りにくい住戸が多く残ってしまうリスクを回避する
といった事や、
1期目の販売が終わった時に、「1期目完売」といいたことをアピールできる
といったことがあります。
また、1期目の状況をみて、2期目には価格面の見直しを行う場合もあります。

最終販売でない限り、あまり焦らずに、じっくり検討して結論をだしましょう。

モデルルームを見る際に注意点としては、下記になります。

モデルルーム自体は広めの間取りで作っている場合が多い

例えば、分譲する間取りが、4LDKと3LDKの物件の場合、傾向としてはモデルルームは、
広いほうの4LDK
でつくられるケースが多いようです。
ですので、実際に検討している間取りと違いがあるようでしたら、注意しましょう。

家具類が小さめ

お部屋を広く見せる為、家具類が小さめになっている場合が多いです。
ダイニングテーブルはもちろん、例えば、寝室のベットも、小さいサイズのものを使っている場合があります。
洋室があまり広くない間取りの場合は注意して、その平米数をチェックしましょう。

設備に関して

モデルルームの設備に関して、標準でついているものと、有償オプションのものがあります。
例えば、キッチン天板の御影石は有償オプションだったりする場合があります。
通常は、オプション品はわかるようになっていますが、気になるものがあれば確認しておきましょう。

天井高について

天井の高さは、居住性に大きく影響します。
モデルルームの見学の際は、天井高がどれくらいになるか確認しておきましょう。

天井高の平均的な高さは、2.4mm
ですが、
最近では2.5mが標準
となっています。

もちろん、居住空間としては、高いほうが好ましいです。

また、天井高の他に、「階高」というものがあります。
これは構造的な意味あいでのその階の高さになります。
階高は、概ね、
3m前後
になります。
2重床2重天井の場合、その分、高さが必要になります。
逆に、直床にして、階高を低くしている場合もあります。
ですので、天井高を確認するとともに、2重床、2重天井になっているかどうかも確認しましょう。

※階高が低い場合は、直床、直天井になっている場合が多いです。
階高を低くすると、その分、階数が増え、販売する住戸が多くとれるという面があります。

直床と2重床、直天井と2重天井について

天井高とあわせて、
床と天井の施工方法
についても確認しておきましょう。

2重床、2重天井か、直床、直天井かどうかという点になります。

床のコンクリート(スラブ)に床材を設置する構造「直床」と言います。
その場合、階下への騒音の問題などから、通常、
ふわふわした素材の「クッションフロア」
を使用します。
表面の見た目は、フローリングの木目調にはなっています。
直床の場合、床下の配管スペースがない為、部分的に配管の為の段差ができてしまいます。

直天井の場合も同様に、排気ダクトなどの為に、部分的にすっきりしない箇所(下がり天井)がでてきてしまいます。

2重床は、床のコンクリート(スラブ)に防振ゴムでできた支柱をたてて、その上に床をはる構造です。
ですので、通常のフローリング材を使用します。
2重床の場合は、床下に空間ができますので、配管がすっきりします。
また、リフォームもしやすくなります。

2重天井についても同様です。
2重天井のほうが、天井部分がすっきりします。

ですので、結論としては、2重床、2重天井の物件をお勧めします。
将来的なリフォームの場合も、2重床、2重天井のほうが断然やりやすくなります。

 

※また、上の階からの遮音性については、その床版(構造床・スラブ)厚みが影響します。
厚みについては、200mmは必要と言われています。
また、230mm以上あれば遮音性の高いマンションと言えます。
壁の厚みについても、最低180mm以上は必要です。200㎜以上あれば安心です。
できれば、図面を見せてもらって確認しておくと安心です。


■参考;マンションの天井高についての注意点

マンションの天井高についての注意点
住居の居住性を左右する大きな要因のひとつに天井高があります。天井高マンションの天井高は、どれくらいあれば良いのでしょうか。法的には、建築基準法で居室の天井高は2.1m以上となっています。実際、2.1mだと、低く、圧迫感があります。現状として…

■参考;マンションの上の階からの騒音について

マンションの上の階からの騒音について
マンションで生活する上で、騒音トラブルは、深刻な問題となる場合があります。ほとんどが、上の階からの騒音です。最近のマンションは、遮音性の高い構造をしていますが、中古物件を検討する際に、どのような点に注意すればよいのでしょうか。主に、・そのマ…

 

部屋の向き、眺望について

部屋の採光面眺望の関係がありますので、部屋の向きがどうなるのかをしっかり確認しておきましょう。

特に部屋からの眺望は、マンションを購入する際の大きな検討ポイントになります。
その方向にどのような建物があるのかもチェックしましょう。

 

その他のチェックポイント

具体的に検討するお部屋がある場合は下記のこともチェックしておきましょう。

エレベーターとの位置関係

住戸とエレベーターの位置が近いと、特に夜に、エレベーターの機械音が気になる場合があります。
また、エレベーターホールに近いと、そこの人の気配が気になったり、あるいは、エレベーターホールの前のお部屋ですと、玄関ドアを開けたときに、部屋が見えてしまうリスクがあります。

各住戸の価格に関してのチェック

各住戸の価格は、上の階ほど高額になっています。
また、角部屋かどうかなどによっても価格の幅があります。

価格については、ある程度、規則的に価格が設定されている場合
と、
不規則な設定の場合
があります。

例えば、〇階までは、階が上にいくほど概ね、100万円刻みだったのが、〇階からは、200万円上がっている場合などは念の為、注意しておきましょう。
例えば、眺望などの関係で、なにか価格帯を変えざる得ない理由の可能性もあります。
担当者にその理由を確認しておきましょう。

価格交渉について

新築分譲マンションの場合でも、価格交渉ができる可能性があります。
販売開始すぐと、ある程度の期間が過ぎてからの場合など、タイミングの問題もあります。

例えば、その期の販売の売れ残りをなくす為にある程度の交渉に応じてくれるケースもあります。
(もっとも、その期で売れ残った物件を、次の期の販売にまわす可能性もありますが。)

いずれにしても、高額な物件ですので、価格交渉、あるいはオプションなどの価格面の相談は行っておいたほうが良いでしょう。

申込金について

具体的なお話しなり、物件の申し込みをするとなった場合に、
申込金
を要求される場合があります。
その際、万が一、キャンセルした場合の申込金の扱いを確認しておきましょう。
キャンセルの場合は申し込み金を返却してもらう必要がありますので、そのことの確認になります。

以上、「新築マンションのモデルルーム見学時の注意点」についての説明でした。
もちろん、この他にも、細かい点で注意すべき箇所はありますので、それらについては、本サイトの各項目のページをご参照いただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました