マンション売却時の「マンション買取り業者」について

マンション売却時の「マンション買取り業者」について

マンション売却時の「マンション買取り業者」についてマンション売却
マンション売却

マンション売却の際に、買取り業者に買ってもらう方法があるけど、その際の注意点や逆にメリットがあれば知りたい。

こんなお悩みを解決する記事です。


この記事の内容▼

・買い取り価格に関して
・買取価格が低くても、買取り業者を活用したいケースについて
・補足;旧耐震基準のマンションについて
・まとめ

マンションの売却を検討する際には、
不動産会社に売却の仲介を依頼する
という方法の他に、
買取り業者に売却する
方法があります。

一般的には、買取りを行っている不動産会社が対応すると、スピーディーに売却が進みますが、その反面、いくつかの注意点があります。
下記に順に説明していきます。

本記事は、執筆者(宅地建物取引士の資格保有)の不動産取引の実務経験に基づいて記載しており、記載内容も、すべてオリジナルな内容となっています。
また、本サイトは、宅建業の免許を持つ不動産会社(株式会社クラスイエ)が運営しています。[宅建業 千葉県知事(1)第17909号]

買い取り価格に関して

買取り業者に売却を依頼する場合、
売却価格は、相場より低くなる
という事を前提に考える必要があります。

※買取り業者は、買取った物件をリフォームして販売する場合や、そのまま転売する場合が多いのですが、リフォームする場合は、リフォーム費用はもちろん、利益をのせて販売価格を設定します。
ですので、仕入れである買取り価格は、低く設定したいという背景があります

買取価格が低くても、買取り業者を活用したいケースについて

買取価格が低くても、下記のような状況の場合は、買取り業者の活用を検討するケースもあります。

価格より、スピードを優先したい場合

何らかの事情で、売却価格が下がっても、
スピード優先で物件を売却したい場合
は、マンションの買取り業者の活用を検討しても良いでしょう。
その場合、複数の業者に買取価格の見積を依頼し、条件の良い先を検討しましょう。

室内の状態が悪く、そのままでは販売に支障がでるような場合

室内の傷みが激しく、売却にあたってリフォームが必要と思われるケース
があります。
もちろん、リフォームを行って売却する方法もあるのですが、その為の費用負担などが煩わしいなどの理由の場合は、業者の買取りという選択肢もあります。

そういったケースの場合は、
売却価格の設定を低くして、通常の仲介で売却する
選択肢もあります。
販売価格をかなり低く設定すると、投資家や業者が買いつけを入れてくる場合もあります。

告知事項のある物件

建物の不具合のある物件
や、
事故物件などの告知事項のある物件
は、なかなか成約につながらないことが想定されます。
もちろん、業者の買取りの場合も買取価格が低くなってしまいますが、買取り業者の活用も選択肢の一つとなってきます。

また、
売買契約の際に、買主さんに対して告知内容の説明
をする必要がありますが、特に事故物件の場合、一般の方に、内容を説明するのを避けたいケースもあります。
そういった場合に、業者買取にすると、告知事項の説明は業者に対してになります。

補足;旧耐震基準のマンションについて

マンション売却時の「マンション買取り業者」について

昭和56年5月(1981年5月)以前の設計の建築物は、
旧耐震基準
の物件となります。

旧耐震の集合住宅の場合、
業者買取も難しい場合
もあります。
築年数が古い場合、建物の老朽化や、それに伴う大規模修繕費用の問題で管理費が上がるリスクなどがあり、結果、販売しづらいと業者が判断するケースです。
そういった物件は、通常の仲介での売却という選択肢になります。

まとめ

状況によっては、買取業者の利用も選択肢のひとつとなります。
その場合でも、複数の業者に問合せをして、比較検討したほうが良いと言えます。
また、場合によっては、不動産会社が買い取るケースもあります。
例えば、販売中の物件の中に、業者売主の物件があれば、その物件は、不動産会社が買い取って転売しているケースです。
その場合も、もちろん、買取価格は相場より低くなります。

また、買取業者の中には、カチタスさんのように、上場会社もあります。
いずでにしても、いくつかの選択肢の中で検討されることをお勧めします。

マンション売却

以上、「ママンション買取り業者」についての説明でした

タイトルとURLをコピーしました