マンション売却の際は、複数の不動産会社に仲介を依頼すべきか?

マンション売却の際は、複数の不動産会社に仲介を依頼すべきか?

マンション売却の際は、複数の不動産会社に仲介を依頼すべきかマンション売却
マンション売却

マンションの売却の際に、仲介を依頼する不動産会社を1社に絞るか、複数の会社に依頼するかどちらが良いのだろうか?

こんなお悩みを解決する記事です。


この記事の内容▼

・不動産会社1社に絞って依頼するケース
・3か月後に、仲介を依頼している不動産会社を見直すという方法
・複数の不動産会社に仲介を依頼する場合
・まとめ

マンションの売却をする際に、
複数の不動産会社に仲介を依頼
することで、売却が早く進むのでは、とお考えの方もおられるかもしれません。

結論から言いますと、
・昔は、複数の不動産会社に依頼するほうが良かった
・現在は、信頼できる不動産会社1社に絞って依頼(専任媒介)するほうが良い

と言えます。

もし、依頼した不動産会社の動きが良くない場合は、専任媒介契約の期間が基本3ヵ月ですので、
3か月後に、仲介を依頼している不動産会社を見直す
という方法で対処できます。

また、依頼する不動産会社が、どうしても1社では不安な場合、媒介契約を
「一般媒介契約」
にして、2社の不動産会社に依頼する方法もあります。
その際は、例えば、
大手不動産会社と地元密着型の不動産会社の2社
にするなど、営業方針の異なる会社を組み合わせるほうが良いでしょう。
但し、「一般媒介契約」にして複数の不動産会社に媒介を依頼する場合は、不動産会社としては、売主側の仲介手数料がはいってる可能性が下がる為、不動産会社のモチベーションは下がります。

信頼できる不動産会社1社に絞って依頼したほうが良い理由について、下記に説明します。
また、1社に依頼する場合のポイントは、
信頼できる不動産会社かどうか
という点になります。

本記事は、執筆者(宅地建物取引士の資格保有)の不動産取引の実務経験に基づいて記載しており、記載内容も、すべてオリジナルな内容となっています。
また、本サイトは、宅建業の免許を持つ不動産会社(株式会社クラスイエ)が運営しています。[宅建業 千葉県知事(1)第17909号]

不動産会社1社に絞って依頼するケース

仲介会社を1社に絞っても良い理由については、
レインズという不動産会社間のデータベース
の存在があります。

これは、不動産会社しか閲覧できないシステムになりますが、そのサイトを見た他の不動産会社が、買主を見つけてくる可能性がります。
買主側の不動産会社としての位置づけで営業を行います。)

つまり、物件の情報が不動産間で共有されて、他の不動産会社もニーズのあるお客様がいれば営業活動を行う為、結果、複数の不動産会社がその物件に対する販売活動をすることになります。

ですので、
複数の不動産会社に営業してもらうという目的で、複数の不動産会社に仲介を依頼する(一般媒介)
という必要性は無いないと言えます。

また、仲介の依頼先を専任媒介で1社に絞ることで、その不動産会社のモチベーションも上がります。

ここで注意する点がひとつあります。それは、
「物件の囲い込み」
と言われる行為です。

物件の囲い込みとは、物件を依頼された不動産会社が、買主側からの仲介手数料も欲しいと考えて、他の不動産会社からの物件の問合せに、
「商談中の案件です」
などと虚偽の対応をして、他の不動産会社の営業活動を妨害する行為です。
結果、物件の成約するタイミングが遅くなったり、値引き交渉をしない買主を逃す可能性も生じる可能性もあります。

依頼した不動産会社が、この「物件の囲い込み」を行うと、売主にとって甚だ迷惑な状況となります。

ですので、このような行為をしない、信頼できる不動産会社を選択する必要があります。

=補足=
レインズができる前は、不動産会社間の情報の共有ができなかった為、複数の不動産会社に仲介を依頼するという方法は、それなりに効果がありました。

3か月後に、仲介を依頼している不動産会社を見直す

マンション売却の際は、複数の不動産会社に仲介を依頼すべきか?

専任媒介契約を取り交わして、仲介を依頼する場合は、不動産会社から売主に、
2週間に1回の営業活動報告
を行うことは義務付けられています。

営業活動報告の内容をみて、状況によっては、不動産会社を見直す方法もあります。

ただ、物件のエリアや価格など諸条件によっては、成約に至るまでに時間がかかる場合もありますので、それを踏まえた上での判断にはなります。

もっとも、担当者が信頼できる対応をしているかどうかも判断材料になります。

もし、状況によっては不動産会社を切り替える可能性があるのであれば、その旨を最初に伝えておいても良いでしょう。

複数の不動産会社に仲介を依頼する場合

どうしても、1社に仲介を絞って依頼するのが不安な場合、複数の不動産会社と媒介契約を取り交わすことになります。

その場合媒介契約の種類は、
「一般媒介契約」
になります。

一般媒介契約では、レインズに情報を掲載する義務はありません。
もちろん、掲載してもOKです。
掲載するほうが良いのです、依頼する不動産会社がレインズへのデータ入力も含めて、アットホームやホームズ、スーモなどの大手の不動産情報サイトへの掲載など、どのような販売活動を行うかを確認しておきましょう。

また、複数の不動産会社に仲介を依頼をすると、商談がはいった際の共有など、情報のとりまとめ・共有に、売主側の手間がかかりますので、注意が必要となります。
窓口となる売主側の不動産会社が1社の場合は、他の不動産会社からの問合せは、その1社になりますので、情報の整理がしやすくなります。

まとめ

上記にも記載しましたように、現状では、レインズという不動産会社向けのデータベースへの登録によって、複数の不動産会社に依頼することのメリットはあまりないと言えます。

ただし、仲介を依頼した不動産会社が、レインズに登録をしたものの、問合せをしてくる不動産会社への対応がしっかりできていないとあまり意味のないことになってしまいます。
いわゆる、情報の「囲い込み」といった行為です。
これは、大手の不動産会社でもつい最近まで行われていて、問題になったことがありました。
ですので、大手の不動産会社でも、特に、営業担当者のノルマがきついような会社の場合、そういった行為に走ってしまうケースが見受けられます。
かといって、中小の不動産会社が安心かというと、一概に言えない部分があります。

ですので、少なくとも、複数の不動産会社に話しを聞いて、その上で判断することが重要と言えます。

マンション売却

以上、「マンション売却の際は、複数の不動産会社に仲介を依頼すべきか?」についての説明でした。

タイトルとURLをコピーしました